贈与税相談


スポンサードリンク

贈与税相談

 

贈与税と聞くと、ドラマの中や「お金持ちの税金」と思う方もいるかもしれませんが、最近国の方針が変わり相続税よりも贈与税の税金の仕組みが変わってきているために身近なものになってきました。よく聞く事例としては、子供や孫に教育資金を一括で先に渡す非課税になると言う話しです。これは、平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間の措置です。

 

今までは、贈与税と言うのは税金高いイメージがあり、人々は行ってきませんでした。しかし、これからは高齢化社会で子供の数は減ります。国の方針も変わってきて贈与のバリエーションが増え、贈与がやり易くなっているのです。

愛する家族の為に生きているうちに贈与をすることで幸せにしてあげようではありませんか?

 

贈与するメリット

贈与することにより、不要な家族親族間の争い事が起こりにくくなる
結果的に相続税対策が出来る
子供や孫の教育資金を用意してあげることにより、将来の不安が軽減される

 

 

相続対策や子供への住宅資金の援助、教育資金の援助など
最良の贈与方法を考えておきたいですね。

 

 

無料相談で納得してから契約できるのが嬉しい
⇒全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕

 

⇒【相続案内サービス】をお勧めしています。

 

贈与税 非課税

贈与税と言っても、もらった金額全てにそうよ税がかかるわけではありません。その年の1月1日から12月31日までの間で、幾ら貰ったのか!何か財産をもらった場合も含まれます。そして、その金額は国が決めた基礎控除額よりも多い場合に、贈与税が発生するのです。

 

基礎控除額は110万円です。

 

取得した財産の金額から基礎控除額の110万円を引きます。

 

その合計金額に税率をかけてあげた分が納税しないといけない金額になります。

 

 

ということは、年間110万円以下であれば贈与税はかからないのです。

 

一人の贈与金額が110万円なので、祖父母両方から110万円もらったとすると、220万円になり贈与税がかかってしまいます。一人の人から110万円となっているわけではないので注意が必要です。

 

 

また、例えば毎年同じ金額をずっとあげてくるとなると、まれにではありますが、それは計画的に贈与を行っているとみなしてしまい贈与税を支払うように言ってくることがあります。時期を変えたり、金額を見直したり、しっかりと申告を命じられても大丈夫なような方法を取る必要があるでしょう.

 

 

 

 

自宅の値段を一度調べておきましょう。無料で簡単一括査定!
⇒イエウール