贈与税相談


スポンサードリンク

贈与税相談

 

贈与税と聞くと、ドラマの中や「お金持ちの税金」と思う方もいるかもしれませんが、最近国の方針が変わり相続税よりも贈与税の税金の仕組みが変わってきているために身近なものになってきました。よく聞く事例としては、子供や孫に教育資金を一括で先に渡す非課税になると言う話しです。これは、平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間の措置です。

 

今までは、贈与税と言うのは税金高いイメージがあり、人々は行ってきませんでした。しかし、これからは高齢化社会で子供の数は減ります。国の方針も変わってきて贈与のバリエーションが増え、贈与がやり易くなっているのです。

愛する家族の為に生きているうちに贈与をすることで幸せにしてあげようではありませんか?

 

贈与するメリット

贈与することにより、不要な家族親族間の争い事が起こりにくくなる
結果的に相続税対策が出来る
子供や孫の教育資金を用意してあげることにより、将来の不安が軽減される

 

 

相続対策や子供への住宅資金の援助、教育資金の援助など
最良の贈与方法を考えておきたいですね。

 

 

無料相談で納得してから契約できるのが嬉しい
⇒全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕

 

⇒【相続案内サービス】をお勧めしています。

 

 

贈与税の申告の仕方

 

贈与税の申告とはどのようにしたらいいのでしょうか?
贈与を受けた場合は、その贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日の間に行わなければなりません。申告書をその贈与を受けた人の住所を管轄している税務署に提出しなければならないと決まっているのです。

 

 

 

 
出典:国税庁ホームページ(https://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm)

 

贈与後は金融機関や税務署にある納税窓口などから現金で贈与税を納めることになります。

 

 

とは言っても、何をどうしていいのかわからないと言う方は、贈与税に詳しい税理士さんに無料相談してから、はじめていくといいでしょう。無理に自分で行って間違いがあるり贈与税の起源に間に合わない、修正が多いなどということが起こらないようにしておくことも大切だと思います。

 

贈与税 非課税

贈与税と言っても、もらった金額全てにそうよ税がかかるわけではありません。その年の1月1日から12月31日までの間で、幾ら貰ったのか!何か財産をもらった場合も含まれます。そして、その金額は国が決めた基礎控除額よりも多い場合に、贈与税が発生するのです。

 

基礎控除額は110万円です。

 

取得した財産の金額から基礎控除額の110万円を引きます。

 

その合計金額に税率をかけてあげた分が納税しないといけない金額になります。

 

 

ということは、年間110万円以下であれば贈与税はかからないのです。

 

一人の贈与金額が110万円なので、祖父母両方から110万円もらったとすると、220万円になり贈与税がかかってしまいます。一人の人から110万円となっているわけではないので注意が必要です。

 

 

また、例えば毎年同じ金額をずっとあげてくるとなると、まれにではありますが、それは計画的に贈与を行っているとみなしてしまい贈与税を支払うように言ってくることがあります。時期を変えたり、金額を見直したり、しっかりと申告を命じられても大丈夫なような方法を取る必要があるでしょう.

 

贈与税 配偶者 控除

 

贈与税を支払ったら、住む家がなくなるなんてことがあった場合、たとえば年老いている妻が旦那さんに先立たれた場合、どうやって暮らしていけばいいのでしょうか?法律はそんなにも非常なものではないのです。

 

きちんとこのことにも、対策があります。

 

夫婦だからと言って、贈与税がかからないと言うことはなく、20年以上法律上の婚姻関係にある夫婦の場合は、配偶者特別控除というものがあります。

 

 

住んでいる土地や建物の贈与や土地や建物を取得するために贈与する場合のみに認められた特典であり、同一の夫婦に1回だけ認められるものです。

 

例えば、夫が亡くなった後に自宅不動産がかなりの金額になるので、家族の間で争いが起こりそうな場合には、遺言で妻に自宅を譲ると書いておくこともできます。しかし、死んでから何があるかわからないし助けようがありませんので、生きているうちに、生前贈与で対応することもできるので考えておくのもいいでしょう。

 

特別控除の金額は、2000万円になります。

 

・2000万円を超える範囲に課税されます。
しかし、暦年贈与の110万円の基礎控除分があります。

 

・贈与の合計が2000万円を超えない場合は、他の財産の贈与について110万円の基礎控除が受けられる仕組みになっています。

 

 

とは言っても、私たちは贈与をした後何月何日に死亡しますと言う未来はわからないわけです。贈与を受けたその年にに死亡してしまった場合は、申告期限までに相続税にするのか贈与税にするのかの判断ができます。また、3年以内に死亡した場合は、特定贈与財産になり相続税に買えることはできません。

 

 

相続税は、配偶者の税額軽減という相続税が無税になると言う特典がありますので、配偶者控除を利用したほうが全体として良い選択なのか、そうでないかはその時の財産の状況により決めたほうがよく、この場合はこうと言うことが言えないのが贈与税の支払い方なのです。

 

こんな時には、相続税、贈与税に詳しい税理士さんに相談してみるのがいいでしょう。単純に1つのことだけを見るだけではないので、詳しい専門の知識が必要だからです。

 

最初の相談は無料で受けてもらえるので、うまくお話してみて今後どうしたらいいのか教えてもらってみてください。

 

無料相談で納得してから契約できるのが嬉しい
⇒全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕

 

⇒【相続案内サービス】をお勧めしています。

 

 

自宅の値段を一度調べておきましょう。無料で簡単一括査定!
⇒イエウール